工作

2017年5月29日 (月)

ハトの声の ハト時計

Hatotitle




1pa




2pb





3pa




4p




5pa



6pa




7pa




8pa




10pa



普段よく見かける2種類のハト。「カワラバト」と「キジバト」
今回は独特な鳴き声の「カワラバト」で工作をしようと思います。

11pa




9pa



12pa



"> 

※「キジバト」の鳴き声は、
■サイト名:On-Jin ~音人~ ■サイトアドレス:https://on-jin.com/
の音声を使用させていただいております。

<後日談>
13pa




14pa_2

折角作った「ハトの声のハト時計」ですが、実用には不向きなようです。
しかしながら、この気力を奪う鳴き声の何か有効利用はないでしょうか?

深夜のコンビニにたむろする少年達や、目障りなほどイチャイチャするカップルに向けて「キジバト」の鳴き声を流したら静かにならないかな?

 

2016年11月 8日 (火)

宮川香山の猫のキャンディポット

Photo






「没後100年 宮川香山」という企画展が現在、瀬戸
市美術館で行われているのですが、目玉作品でもある「猫の水指」は何度見てもその出来栄えの素晴らしさ、生命感あふれる猫のかわいらしさに見惚れて見飽きません。

Photo_2

手に入るものなら手に入れたい「猫の水指し」。
しかしながら、博物館級の作品が手に入るわけもなく。本物をじっと見つめて脳裏に焼き付けるしかないと思っていたのですが、今回グッズコーナーであの猫のクリアファイルや便箋と並んで根付が売っており、思わず購入いたしました。

しかしながら、全体の造形はよいものの塗装が雑で、本物は筆目の綺麗なボカシで猫の毛並みを表現しているのに、根付はボテッと塗料を置いた感じでやっつけ仕事丸出しです。そしてわたしの心をもてあそぶ「口元からのぞく小さなかわいいベロ」が再現されていないのは非常に悔やまれます。あの「かわいいベロ」がこの作品の肝であるのに!あぁ分かっちゃいないよなぁ。

しかしながら、「800円のmade in chinaの根付」に、本物の忠実な再現を望む方が野暮ってもんです。
造形自体はよいので、ちょっと改造すれば非常に良いものが出来そうです。



1_2




ちなみに本物の表情はこちら。息を飲む美しさです。

わたしが「かわいいベロ」と力説する意味を理解していただけると思います。猫自体の大きさは大人の握りこぶしくらいの大きさです。

Photo_3

2

本物のかわいらしさには遠く及びませんが、毛並みの塗りや口元に覗くかわいらしいベロを再現できたので満足。ちなみにベロは2x2mmの紙で製作。ルーペとピンセットを駆使して取付けました。
こちらの猫は幅4cmx高さ3cm。私の腕ではこれが限界。

2016年2月29日 (月)

俺とワンコとマンドレイク

Photo

みなさまは、「マンドレイク」という植物をご存知でしょうか?

魔法世界を扱ったファンタジー映画や、ゲームのキャラクター等で目にすることがあるかと
思います。
Photo_3

「マンドレイクを引き抜くときの叫び声を聞くと死んでしまう」というなんとも物騒
なエピソードに興味をそそられます。

そんな危険な「マンドレイク」を引き抜いてみたい!
ファンタジー好きの夢をひとつ叶えてみたくなりました。
材料としてまず
「引き抜くと音が出るもの」→「非常用ブザー」を購入
Photo_4

石粉粘土で人形を作り、足に非常用ブザーの差込みを仕込みます
2



非常用ブザーの音が止まらなくなり近所のひとが「事件」と間違うとまずいので、
緊急停止用にトグルスイッチを取付けます。
(トグルスイッチが「かっこよくて好き」だからという理由もありますが)
Photo_5




100均で購入した造花をつけ、アクリル絵の具で彩色。
おしりが「ぷりん」としてキュートになるように心がけました
Photo_6


植木鉢もそのままでは味気ないいので、アクリル絵の具で彩色。
「マンドレイク」という名前はなんだか音の響きが怖いので
呼びやすく「マンちゃん」と名付けました。
Photo_7


Photo_12


庭のプランターに置いてみると、違和感なく馴染んでいます。
ちんまりとかわいいです。
Photo_8


マンドレイクは出来上がりました。あとはこれを引き抜くだけ。
伝説では「犬に引き抜かせた」と云われています。
Photo_9


ならばわが家の愛犬に協力してもらい、いい写真を撮ってやろう!
おもしろい写真が撮れたらみんなから、ちやほやされるかな。ムフフ。
Photo_10

でも、ふと我に返り考えた。
マンドレイクを引き抜く犬ってどんな扱い受けるんだろう。
愛情注いだ家族同然の彼に対して冗談でもそんなことが出来るのであろうか!!
Photo_13


2_2

Photo_14

やっぱり冗談でもそういうことはやってはいけないと思いました。
(犬を上手に誘導して意図したように写真が撮る技術がないというのもありますが)
というわけで、なんのインパクトもないマンドレイク引き抜き動画ですが、
どうぞ。

うまく戻せなかった時の動画もUPしておきます。




<マンドレイクを製作しての感想>

・時間をかけて作ったが、一度引き抜いたら満足してしまった。
 (何度もやると近所迷惑)
・犬もマンちゃんも大切で愛おしいので、あんまりオドロオドロシイ演出はできなかった。
・せっかくセクシーに作ったマンちゃんのお尻がほとんど見ることができないのがもどかしい。

Photo

オチをどうにかしようと思ったら迷走した。

2015年11月27日 (金)

ライオン輪ゴム掛け

3_2

知識が増えることは喜ばしいことですが、時として生活がわずらわしくなることもあります。
デイリーポータルZの「ライオン錠コレクション」という記事を読んで以来、ライオン錠が気になるようになってしまいました。


1




2




というわけで 早速、製作にとりかかります。
1_2



「ライオン輪ゴムかけ絶対カッコイイよ!」と自信満々で作り始めたのですが
製作途中で、「ライオン1匹だけでは寂しいのではないか?にぎやかしに他に何体か
作った方が作ったほうがよいのではないか?」と急に心配になってドラゴンと羊を追加
製作しました。

2_2




3

「ライオンが入っていて豪華な感じになるモチーフ」として「キマイラ(ライオン・ドラゴン羊の頭を持つ伝説上の生き物)」風にしてみたのですがなんだかライオンの存在がかすんで見えてしまいます。





4

2015年8月21日 (金)

涼を求めて 卓上ダム穴

Photo



先日、ホームセンターにて卓上噴水にふと眼がとまりました。
ししおどしやおしゃれなLEDがついたものがあり大変涼しげでした。
(卓上噴水といっても水が噴出するわけでなく、水が流れる様子を楽しむものですが)

いいなぁ。と思ったのですが、値段がだいたい5千円くらいします。
5千円は高いななぁ。5千円あったら自分で好きなもの作れるんじゃないの。と考えました。

5

ペット用品売り場で水槽用のポンプを探します。
ここでポンプが3千円くらいしたら悩んだのだと思いますが、千円ほどで小型のものが購入できたので、「自作卓上噴水」製作決定。
R1010592_r_2

工作に取り掛かりますが、さて市販品とは違うわたし目線の「カッコイイ卓上噴水」とは何だろうと考えました。
水を使って涼しげで、市販品よるもダイナミックなもの・・・・・
そうだ、ダム穴があるじゃないか!
Photo_2



Photo_3

数年前に、インターネットで話題になった「ダム穴」
「恐怖」と「癒し」が混在する稀有な存在に心惹かれました。
Photo_4

Photo_5


実際のダム穴の仕組みを元に、卓上ダム穴の仕組みを考えます。
Photo_8


具体的に案が固まってきたので、材料を買出しにでかけます。
容器は100均の小物整理BOXを活用。
R1010603_r_r

ダム穴のかなめ、「吸い込み部分」はアヒルちゃんジョウロのクチを分解して使用。
R1010598_r_r

吸い込み部分取り付けのために、直径4cmの穴をあけるのですが、これが地味に大変な作業なので、なんとかならないかと工具をあさってみたら大きな穴をあけるアタッチメントを発見。なんの苦もなく穴があきました。
でも、この工具なかったら穴あけるのだけですごい時間かかるからなぁ。道具って偉大。
R1010609_r_r


機械部分が完成したので、動作テストにとりかかります。

水に色が着いていたほうが見易いと思い、インスタントコーヒーにてテスト。
調子に乗って水流の勢いを強くして、しばらく放っておいたら泡だらけになって容器からあふれそうになっていて、あわや大惨事でした。
Photo_9

R1010612_r_r

上記の反省をふまえ、泡立ちしないように水流を弱くして、スポンジをかませました。
R1010650_r_r

Photo_11
ただこれだけでは、あまりにも殺風景。
なにかかっこよくする方法はないかしら。

続きを読む "涼を求めて 卓上ダム穴" »

2015年8月 8日 (土)

風神サーキュレーター2015

Photo
連日暑い日が続きますが、みなさまお元気ですか?

わたしはすっかりバテ気味です。はぁ、暑い。
部屋で寝ころがっているだけなのに汗をかきます。
エアコンを使用すれば解決するのでしょうが、エアコンを使用すると部屋から出なくなりますし、設定温度を低くしすぎて体がしんどくなる事が多々あり、あまりエアコンが好きではありません。
何か手軽な暑さ対策はないかしらと調べるうち、「サーキュレーター(送風機)を使用して部屋の中を風が通るようにすると涼しくなる」という事を知り早速、電気屋さんでサーキュレーターを購入しました。
窓際にサーキュレーターを置き、部屋の中を風が通るようにすると若干暑さが和らいだ気がしました。
「良い買い物をしました。」という話ですまないのが最近の私のややこやしいところ。
スタイリッシュで無個性なサーキュレーターを見るうち、何か細工してやりたいなというイタズラ心が湧き上がってきました。


風を送る・・・風を起こすかっこいいもの・・・・・俵屋宗達の風神

そうだ!「風神のサーキュレーター」を作ったらかっこいいじゃん!!
Photo

哀れ新品のサーキュレータは工作の材料にされてしまうのでした。
Photo_3

サーキュレーターの色塗りが終わったら、今度はそこに付ける風神さんの製作です。
2

形ができあがったら、次は楽しい色塗りです。
3



色を塗る途中で何か違和感を感じ、資料の風神さんを良く見てみると「鼻の穴が金色」でした。
これはささいなことかもしれませんが、「鼻の穴が金色」なんてことは現実社会ではありえないことですし、
ヒラメキと自由な発想がないと思いつかない事だと感心しました。
2_3

続きを読む "風神サーキュレーター2015" »

2015年7月20日 (月)

給水塔の水差しを作ってみた

Photo



名古屋市の覚王山というところに、「ムーミンの家」っぽいちょっと変わった形の塔があります。
2



このかわいらしい塔。じつは東山給水塔という「給水塔」なのです。
車でその近くを通るたび、この塔をモチーフになにか作れないかなぁ。と思っていたのですが、形が面白いから。とそのままミニチュアにしてもそれだけじゃつまらない。
それじゃあLED仕込んだりしたら楽しいんじゃないかとも思ったけれど、本物の給水塔は光らないからなぁ。
Photo_4


塔の給水施設という役割も生かした工作は何かできないだろうか・・・・。
そんな折、書道の道具の「水差し」というものの存在を知りました。
「水差し」とは、墨をするときに使う水入れのことで、手のひらサイズの陶器製でかわいらしい小物です。
給水塔の水差しだったら、かわいらしいサイズで、水を供給するという給水塔の機能も持たせることができる!やった!ピッタリじゃん!!
Photo

早速、製作にとりかかりますが、東山給水塔ひとつだけ作っても面白みがない。
こういう小物を作るときには、たくさん作ったほうがたのしい。
さいわいにも、名古屋市には他にも猪高配水塔、鳴海配水塔という特徴的なかたちをした塔があり、これらの3つの塔(東山給水塔・猪高配水塔・鳴海配水塔)は年に2回(3月の春分の日・8月1日の水の日に一般開放され多くの市民に親しまれています。
32


折角、給水塔を作るのならこの「名古屋給水塔トリオ」(とわたしが勝手に命名)でそろえたほうがかっこいい。
Photo

ええぃ!どうせなら、あとふたつくらい増やして全部で五つ作ってしまえ!と名古屋の水事業に関することでいいモチーフがないか探してみました。

Photo_3
4つめのモチーフ
鍋屋浄水場にある「旧第一ポンプ所」
大正3年に完成したレンガ作りの美しい建物で、名古屋市指定有形文化財に指定されています。


あとひとつ・・・あとひとつ・・・なにかないか・・・
そういえば、昔、鍋屋浄水場で行われた「なごや水フェスタ」に上記の「旧第一ポンプ所」を目当てに見に行ったときになんかゆるキャラいたよな・・・
2jpg
青い恐竜で・・・堀川に住んでいて・・・そうだホリゴンだ!
ズングリムックリ、みじかい手足、やさしそうな笑顔。
知名度は低いですが、わたしは大好きです。もっと人気でたらいいのに。




これで5つのモチーフがそろいました。
かっこいいぞ「名水ファイブ!(名古屋の水事業関連の5つの特徴的な形のモチーフ)」(わたしが勝手に命名)
よし!作るぞー!
Photo_2

続きを読む "給水塔の水差しを作ってみた" »

2015年6月26日 (金)

懐中もなか時計を作ってみた

2

映画やアニメなどで見たことはあるけれど、実際手にしたことはない「懐中時計」。
ネットで調べてみたら2000円ほどで販売していたので購入してみました。

憧れの懐中時計を手に入れたものの。
ピカピカ金色に輝くボディは、地味なわたしにはちょっと不釣合い。落ち着きません。
なんとかしなくちゃ。
Dsc01195_r_r_r

「懐中時計」といえば、その形もさることなから「懐中(かいちゅう)」という普段なかなか使わない古風な呼び方も魅力のひとつでしょう。
これが「携帯用蓋付き時計」という呼び名だったら魅力も半減です。

「懐中」{懐(ふところ)の中に入れて携帯する}という言葉を生かしてなにか工作できないかしら。と考えて浮かんできたのが冬にスーパーマーケットで見かけた「懐中しるこ」。
もなか生地の中にフリーズドライのこしあんが入っていて、お椀に割り入れてお湯をそそぐと、なんと!おしるこができるという、日本人の英知の結晶「懐中しるこ」

そうだ、「懐中しるこ時計」を作ろう!
そう思い「懐中しるこ」を画像検索してみたら・・・あれ?こんなのだったっけ?
お椀形の外観は懐中時計と組み合わせるには不細工です。
Photo_12
もっと「もなか」に近い外観だと思っていたのになぁ。
「懐中もなか」という商品はないのか調べてみましたが、そのような商品はありませんでした。こりゃあ企画倒れか?

でも「懐中しるこ」も「もなか」も「もなか生地の中に、あんこが入っている」という点が共通しているんだから、似たようなものじゃないの。だいたい同じじゃないの?
何よりも「もなか」がパカっと開いて「時計」だったら楽しいんじゃない。
そう自分に言い聞かせて「懐中しるこ時計」ならぬ「懐中もなか時計」作りに取り掛かりました。


コンビニにて見本になる「もなか」を購入。
「もなか」は美しく、おいしい。日本人の英知の結晶です。
Dsc01217_r_r_r


今回の工作をするにあたり、粘土で作って塗装する手もあったのですが、身に着けて塗料が服に付いては残念なので、無垢の木で作ってみることにしました。

ホームセンタにて版画用の朴(ほお)の木板を購入。
1_3



内側をギリギリまでくり抜いて、懐中時計にはめてみたのですが・・・
Photo_3
5mmほどスキマができてしまいまして。
材料の厚みギリギリだけど、なんとかなるだろうと彫り進めていたのですが、なんともならない状況になりました。

面倒だからこのままにしゃちゃおうかとも思いましたが、気になるので5mm厚みの木を買ってきて削り出し接着。
Dsc01235_r_r_r


外側の形が仕上がったら、保護のために蜜蝋ワックスを塗りこみます。
おだやかにツヤが出て、よごれから保護されます。Dsc01239_r_r_r



スキマもなくなったし、もう問題はないだろう。と時計と木を両面テープで仮留めして開閉のテストをしてみたら・・・・・開かない。
下の図のようにかぶせた木が邪魔をして開かないようになっていました。無理にあけたらせっかく頑張ってやすりがけした木の部分が壊れてしまう。
なんてこった!もう完成間近だと思っていたのに・・・・

Photo_5



苦肉の策で、クッション両面テープとテグスを使いゆるく固定することで、なんとか開閉できるようにしました。
Photo_6

Photo_9



巾着袋の入れ物も作ってみました。
Photo_10



Photo_11
とてもおいしそうに出来上がりました。

2015年6月 5日 (金)

欲しかった蟹の器を作ってみた

Photo_2

先日、名古屋市中区新栄にあるヤマザキマザック美術館に行ってきました。
現在「世界に挑んだ明治の美 宮川香山とアール・ヌーヴォー」という展示が行われており、そこで展示されている「宮川香山の蟹の器」が見たくてたまらなかったのです。


Photo_5
数年前から近隣で
宮川香山作品の展示があるときには足を運ぶようにしておりまして、
はじめて
「宮川香山の蟹の器」を見た時、わたしは思わず笑いそうになってしまいました。
だって陶器って普通はおとなしいものなのに、ごっつい蟹が張り付いてとても派手なんですもの。
ひとはあまりにすごいものを見たときに感動を超えて笑ってしまうということがありますが、まさしくそんな感じでした。「うわーやりすぎだよー。
蟹すごくイイ!」
」頬が緩みっぱなしでした。


それから興味をもち少々調べたりして、他の会場で2回目に見たときには多少冷静に観察するように見ることができ、造作のすばらしさに感心しました。「大胆なのに、すごく細かいところまで作りこまれている!
蟹すごくイイ!

そして今回3回目の出会い。同じものを3回も見れば大概慣れるものなのですが、しかしながら会場に入り「蟹の器」が目に入ると「やっぱり何度みても、
蟹すごくイイ!
」と思ってしまうのでした。


「蟹の器」のことを思うとなんだかうれしくなってきます。
これは・・・ひょっとして・・・恋なのでしょうか?

「蟹の器」が欲しい・・・。
いつしかそんな叶わぬ思いを抱くようになっていました。
Photo_2


しかしながら、陶器に精巧な動物な彫刻を施す「高浮彫り」と呼ばれる技法は、
非常に高い技術が要求され、再現が非常に難しい、いわゆるロストテクノロジーといわれていました。近年、情熱的な陶芸家さんにより研究が進んでいますが、安価で大量
生産されるなんてことはないでしょう。

わたしはこのまま「蟹の器」に触れることができない寂しい一生送っていかなければならないのでしょうか・・・。
ええぃ!もうこうなりゃ自分で作るしかない!と一念発起。
わたしには、100円均一ショップ(以下100均)と造詣用粘土という強い味方がいる!たぶん何とかなる!

いきなり拍子抜けで申し訳ないですが、100均にて
茶碗を購入。
これで半分完成したようなものです。
Photo_6

あとは、茶碗の大きさに合わせて粘土で蟹を作っていきます。
お手本は宮川香山が晩年に作ったサワガニの器のです。
Photo_3




Photo_4

Photo_5

Photo_6
右側:ハサミを見せているほうが、器に貼り付けるオス
左側:小さく身を縮めているほうが、箸置き用のメス

Photo_7



憧れの「蟹の器」が完成しました!

Photo_9







完成直後はすごく充実感があったのですが、
でも、なにか物足りない。
器だけでは説得力がない。
高い陶器=箱に入っているイメージがあるので、ホームセンターにて集成材を買ってきて箱を作りました。
Dsc01078_r

Dsc01139_r
Dsc01141_r
蓋にカッコイイ銘を書こうと考えたのですが、100均の茶碗にかっこつけた名前つけるのはかっこわるい事だと思い、正直にそのまま「百均 蟹茶碗」と箱に書いてみました。
遠めに見るとなんだか立派に見えます。



Dsc01144_r
完成記念に蟹茶碗で蟹雑炊を食べてみました。

「わたしだけの蟹茶碗だ。ムフフフ」
手のひらにすっぽり収まる蟹茶碗はとてもかわいらしいです。
思わず頬が緩みます。
レトルトの蟹雑炊ですが、なんだかすこし特別な味がしたような気がしました。
よいものができました。

2015年4月16日 (木)

吉田さんに見守られたい

3

「暗闇で電気のひもを探す」あの行為を改善できないものか?

真っ暗の中、手を左右に振る姿は滑稽ではなかろうか?
きっと何かよい改善策があるはずである。
Photo_4

そうだ、暗闇で動くものに反応し点灯する「センサーライト」を利用したらよいのではないか?
しかしながら、市販品はデザインがスタイリッシュでなんとも面白味がない。
センサーライトのために部屋がスタイリッシュになってしまうのは不本意である。
どうせならちょっとおもしろい方がいい。
部屋の上の方から、ピカッと部屋を照らすのに最適なモチーフは何かないだろうかと考えた。
あった!CMで見た「アルゾックイエロー」だ!!
ばくらの生活を見守ってくれる「アルゾックイエロー」 これ以上ぴったりな存在があるだろうか!
Photo_2
しかしながら、なぜかアルゾックイエローのセンサーライトは販売されていない。
こんなにおもしろいものがなぜ世の中に存在しないのだ!仕方がないので自作することにしました。




メイン材料その①
ホームセンタにてセンサーライトを購入
Dsc00849_r

メイン材料その②
人形を作る手間で挫折しそうになるといけないと思い、リサイクルショップにて ソフビ人形を購入。これに粘土を盛って人形を作っていきます。
Dsc00857_r



ソフビ人形を分解し、粘土(木部用パテ)を盛って形を整えていきます。
Dsc00865_r




中空にした顔の内部にLEDを仕込みます。
Dsc00899_r


そして、LEDの点灯試験   なんだか・・・・暗くないか・・・・?
Photo_7
目が光って見えるだけで、部屋を照らすほどの明るさはありません。
あらら、どうしましょう。
Photo_3

続きを読む "吉田さんに見守られたい" »

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ