« やぎさんマグネットをつくってみた | トップページ | 欲しかった蟹の器を作ってみた »

2015年4月16日 (木)

吉田さんに見守られたい

3

「暗闇で電気のひもを探す」あの行為を改善できないものか?

真っ暗の中、手を左右に振る姿は滑稽ではなかろうか?
きっと何かよい改善策があるはずである。
Photo_4

そうだ、暗闇で動くものに反応し点灯する「センサーライト」を利用したらよいのではないか?
しかしながら、市販品はデザインがスタイリッシュでなんとも面白味がない。
センサーライトのために部屋がスタイリッシュになってしまうのは不本意である。
どうせならちょっとおもしろい方がいい。
部屋の上の方から、ピカッと部屋を照らすのに最適なモチーフは何かないだろうかと考えた。
あった!CMで見た「アルゾックイエロー」だ!!
ばくらの生活を見守ってくれる「アルゾックイエロー」 これ以上ぴったりな存在があるだろうか!
Photo_2
しかしながら、なぜかアルゾックイエローのセンサーライトは販売されていない。
こんなにおもしろいものがなぜ世の中に存在しないのだ!仕方がないので自作することにしました。




メイン材料その①
ホームセンタにてセンサーライトを購入
Dsc00849_r

メイン材料その②
人形を作る手間で挫折しそうになるといけないと思い、リサイクルショップにて ソフビ人形を購入。これに粘土を盛って人形を作っていきます。
Dsc00857_r



ソフビ人形を分解し、粘土(木部用パテ)を盛って形を整えていきます。
Dsc00865_r




中空にした顔の内部にLEDを仕込みます。
Dsc00899_r


そして、LEDの点灯試験   なんだか・・・・暗くないか・・・・?
Photo_7
目が光って見えるだけで、部屋を照らすほどの明るさはありません。
あらら、どうしましょう。
Photo_3



別に目から出る光線にこだわらなくてもいいじゃない。
部屋も照らすLEDを一灯追加。
そのままでは明る過ぎるのでピンポン玉を被せて組み立ててみました。
Dsc00908_r
胸部のロゴはそのまま企業名をいれるわけにはいかないので、
見守る+ア○ゾック→MILSOK(ミルゾック)としてみました。
既製品を利用した単純な配線ですが、初心者ゆえ上手く配線がつながっていなくてLEDが点かなかったり。電池が切れて買いに走ったり(単5電池使用のためなかなか売ってない)意外と苦労しました。



ちょっと暗いですが、電気のひもを見つけるのには十分な明るさです。

Dsc00904_r




         明暗センサーにて点灯する様子を撮影してみました。
         







Dsc00907_r
よいものができあがりました。むふふふ。
暗い部屋へ行くのも楽しくなりました。


« やぎさんマグネットをつくってみた | トップページ | 欲しかった蟹の器を作ってみた »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691166/59550445

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田さんに見守られたい:

« やぎさんマグネットをつくってみた | トップページ | 欲しかった蟹の器を作ってみた »

無料ブログはココログ